オンプレミス型で人材管理システムを導入する際の会社の選び方

技術力が高く何でも相談できる会社を選ぼう

人材管理システムを導入する際、サーバーやネットワーク機器が整備されている環境であれば、オンプレミス型が向いていると言えます。サーバーなどを新規に購入しセットアップするには、費用と時間がかかってしまいます。これがオンプレミス型のデメリットとなりますが、すでに環境が整っているのであればデメリットにはなりません。

既設のサーバーに人材管理システムのソフトウェアをインストールする際、一筋縄ではいかないことがあります。そんな時に技術力の高い会社を選んでおけば、最大限のサポートを受けることができ、心強い存在になります。費用はかかってしまいますが、人材管理システムが使用できる状態までセットアップしてくれる会社もあります。

カスタマイズできることも大きな魅力

数多くの企業が導入している人材管理システムでも、必ずしも自社にマッチするとは限りません。運用を変更して既存の機能を使用することも考えられますが、どうしても対応できないことも発生してしまいます。そんな時はカスタマイズすることで解決できます。オンプレミス型の場合、カスタマイズにも対応してくれる会社が多いのも特徴だと言えます。

自由にカスタマイズできるとは言え、要望によっては対応できないこともあります。また、費用が高額になりがちなので、重要度の高い要望にしぼることが一般的です。自社にマッチしたシステムになるのは良いことですが、簡単にバージョンアップできなくなることは覚えておきましょう。バージョンアップの際、カスタマイズ部分もバージョンアップする必要があるからです。